Top
 
タグ:発酵菓子 ( 5 ) タグの人気記事
オレンジとスイートチョコのクグロフ
f0152481_18262142.jpg



クグロフ。 パンと言うよりもお菓子に近いですよね。
粉250gの配合に、バターが70g入っています。
ものすごくリッチな生地。
こね始めはまとまりにくいけど、バターを入れてしばらく捏ねれば、
トロリ柔らかくてツヤツヤした生地が出来上がり~^^

f0152481_18272623.jpg



捏ねの終盤に、洗って水気を切ったオレンジピールを入れました。
スイートチョコは捏ね上がってから折り込むように。
(チョコは、「チョコエピ」と同じ。庶民の味方、森永のスイートチョコをクオカで購入)


f0152481_18274053.jpg



オレンジとチョコの相性はご想像の通り^^ ばっちり。
全卵を使っているため、卵黄だけを使った生地よりもほんの少しあっさり。
クグロフのバリエを増やしてみたい 今日この頃です。


*****

いつも利用しているwebサイト 【cuoca】
こちらの社長が、ほぼ日の企画で糸井重里さんと対談されています。
ご興味ある方はぜひ。(コチラから
[PR]
by smiledekitchen | 2009-03-17 18:42 | パン
クリストシュトレン
f0152481_17524863.jpg



やっと写真が撮れた。 そして食べました^^
今回参考にしたのはコチラiconの本。 フルーツの量などは多少調整しています。

生地作りの工程は大きく分けて3段階。
まずはアンザッツ(スターター)を作って発酵させておく。
その間にバターやマジパンをクリーミングしておく。
最後にこの両方を混ぜて捏ね、たっぷりのフルーツを入れてまとめたら生地の完成。
後は、発酵→焼成は通常のパンと変わらない流れ。
難しく考えていたけど、材料さえ揃えておけば作業は意外とシンプル。
一生懸命捏ねる必要もないのが何よりも良かったです^^


夏の終わりから漬け込んでいたフルーツをたっぷり入れてます。

f0152481_1892332.jpg


カリフォルニアレーズン、サルタナレーズン、オレンジピール、レモンピールの4種類を、
ラム酒とグランマルニエとブランデーに漬け込むこと約3ヶ月。
半年程漬け込むと、アルコールのピリッとした刺激がかなりまろやかになるそうですが、
それでも十分に水分を含んだレーズンは柔らかくてふっくら。
フルーツを混ぜ込んでる最中に、
香り立つ洋酒を浴びて酔いそうになったのは想定外でしたけど(笑)


f0152481_18231096.jpg


先週の第1弾では300g強×2個分、
そして今日はその倍量で、200g×6個分焼きました。
参考レシピと違う大きさで焼く場合、火加減が気になるところですよね。


f0152481_205293.jpg


焼いてから3日経ったシュトレン。 中はかなりしっとりしています。
1切れで満足できる濃厚さ。 
クリスマスまでの間、少しづつ楽しみたいと思います^^




*************

最近コメント欄を閉じることが多くなりました。
理由は、いたずらコメントが増えているため。
時々チェックして、気が付いたら削除するようにしているんですが、
やはり目にした方にとっては気分の良いものじゃないですからね。
ですのでコメント欄を閉じている間でも、何かありましたらお気軽にメール下さい^^
[PR]
by smiledekitchen | 2008-12-13 18:30 | お菓子
フルーツでしっとり クグロフ
f0152481_919197.jpg



1ヶ月ほど前に漬け始めたフルーツを入れて、クグロフを焼いてみました。
ブランデー、ラム酒、コアントローを合わせたものに
カリフォルニアレーズン、サルタナレーズン、オレンジピールとレモンピール入り。
シュトレンの為に漬けたんだけど、結構量があるので少しくらい使ってみようと^^

水分を含んだフルーツのお陰か、いつものクグロフよりもクラムがしっとり。
ちなみにいつもは、サッと洗って水気を切った
カリフォルニアレーズンだけを入れて作ってます。


f0152481_9233562.jpg



この、クグロフ型が可愛くてお気に入り。 18cmの大きさがあります。
小さいのを幾つも焼いたら、それはまた可愛いんだろうな~。



さて話変わって、昨日はとても良い天気でした。

ドライブを兼ねて、信楽の陶器祭りへ出掛けてきましたよ。
思った以上の人出があり、道路も渋滞気味でしたが、行ってみて良かった^^
色んな作家さんが出店されてて、粉引などの素敵な器が沢山。
迷いに迷った挙げ句、何点か購入しました。
後々写真に登場すると思います^^  
[PR]
by smiledekitchen | 2008-10-14 09:29 | パン
クグロフ
f0152481_11364926.jpg



辻レシピを少し経済的にアレンジして(笑)クグロフを焼きました。

以前、ル・コルドンブルーの講座で習ったときに
「手ごねは結構タイヘン。機械のほうがイイヨ」 とフランス人の先生が言ってた。
でもウチには機械がないのよー ってことで、手ごね。
案の定、水分を入れ終わった時点でベッタベタな状態になり、
この後バター70g入れるってスゴイリッチな生地だ! と改めて驚き。
でもバターを入れた後の方がまとまり良くなりますよね。
無理矢理丸めてボウルに移せた瞬間、「ホッ」と安堵のため息がでましたよ。。。

昨日は時間に余裕があったこともあり、焼き上がりの写真を何枚か撮ってみました。

f0152481_11372062.jpgf0152481_11373946.jpgf0152481_11375850.jpg











アングルや光の方向に寄って、表情が変わりますね~
こんな風に遊ぶのも楽しいです。
さて、どれをTOPに使おうか迷いました。
写真選び・・・・・ その人の好みが表れる瞬間ではないでしょうか。
今回は↑あの写真をTOPにしましたが、皆さんならどれを使いますか?
良かったらお聞かせ下さい^^


**************
レシピメモ

・リスドォル 200g
・砂糖 50g
・塩 3g
・インスタントドライイースト 3g
・スキムミルク 10g
・全卵 40g
・バター 70g
・水 96g
・レモン皮のすりおろし 1/8個分
[PR]
by smiledekitchen | 2008-01-20 11:47 | パン
クグロフを習った。 -ル・コルドンブルーにて-
f0152481_20405298.jpg



ル・コルドンブルー神戸校での一日講習に参加した時に作った
クグロフです。
この形可愛いいし、またまた欲しい型が増えてしまいました。アハハ。
ちょっと前の小須田部長じゃないけど、(笑う犬ね)
「いる型」「いらない型」を考えないといけませんねぇ。

f0152481_2161443.jpg


生地は機械捏ねで先生が仕上げてくれ、生徒は成形からスタート。
リッチで柔らかいから手捏ねはキビシイかも・・・ってことでした。
このクグロフは夫に大好評!
冷凍した後も変わらずに美味しかったし、復習としてまた作ってみたいでです。

f0152481_21124491.jpg


一緒に習った いちじくのプチパン。
ハード系?と思いきや意外にモッチリの食べ口です。
少々のライ麦入り。

もう一つシュトーレンも作りました。
これが一番の本命だったんです。
写真は撮ってないんですが、まだ少し残っているので
無くなる前に記念撮影しておきたいと思います。

レッスンは全てフランス語、それを日本人の方が通訳されていました。
捏ねやホイロの温度&湿度等はきっちり測る訳じゃなく
先生の見極めによって進んでいきます。
(実際の授業は違うかも知れませんが)
ホイロは室温に置いてたりとか・・・・・・
そう言う意味では、辻と比べると家庭向きのレシピかな~ 私の感想。
スクールによって授業の進み方とかレシピが違うし面白い。
「聞き漏らすまいっ」とかなり集中した一日なのでした。
[PR]
by smiledekitchen | 2007-12-25 22:11 | パン