Top
 
<< ワッフル、クッキーなど。少し前... 2種類のカンパーニュ -タイプ... >>
栗あんぱん ~毎年恒例食欲の秋~
f0152481_15162247.jpg



Mobile Diaryに書いた通り、天然酵母のパン教室へ通うことになりまして、
そこの体験レッスンに行った時に教えていただいた栗あんぱんの成形をおさらいしました。
分割後の丸め直しやベンチタイムをすっ飛ばして、切りっぱなしのまま包む方法です。

この方法を成功させるために大切なポイントは、餡の固さだと思っていました。
コロコロ丸めて包める程の固さが必要なんです。
そのことは十分わかった上で栗あんを買いに行った訳ですが、
普通にいつも餡ベラで包餡するときの様な柔らかい餡を買ってきてしまいました。
店員さんに何度か聞いたつもりだったんですよ。「コロコロ丸めて包める程度の固さですか?」と。
大丈夫だと仰ったはずが、いざ丸めてみるとベチャベチャに・・・。
私の意図が店員さんに伝わって無かったんだろう点と、自分の感触で判断出来なかった点を反省。
失敗の次は成功が待ってますから。今後の参考になった、という話でした。


さて、使った餡は茜丸 マロンあんと、クレマン・フォジエのマロンクリームの2種類です。
白あんベースのマロンあんだけでは栗の香りが足りなかったので、マロンクリームを混ぜて使いました。
残っている分は餡ベラで普通に包餡して使う予定です。

生地は全粒粉とくるみ入り、レーズン酵母元種を加えています。



なんか最近、食欲が泉のように湧き出てきて大変。毎年こんなこと言ってるかな。
昨日の夕ご飯はホクホクの栗ご飯をお茶碗2杯分平らげました。
今日はレバニラ炒めを作る予定。昨日から食べたくて材料を揃えていたチャッカリぶり。
料理することが苦じゃないのは、私自身が食べること大好きだからだと思います。
今日もおいしく食べられることに感謝して、レバニラ炒めを頂きまーす。







クオカ/初めてさんにもおすすめ!材料カタログ


----------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by smiledekitchen | 2010-10-19 15:39 | 自家製酵母
<< ワッフル、クッキーなど。少し前... 2種類のカンパーニュ -タイプ... >>