Top
 
<< ぐんぐん育つ豆の木 ブルーのあじさい >>
イングリッシュマフィン &本
f0152481_15202670.jpg



だーいぶ前に焼いたイングリッシュマフィンの写真。

UP出来ていない写真が沢山あり、そのまま眠らせるのは可哀そうなので、
少しずつUPさせてください。
「いつの写真??」かは聞かないでください(笑)本人も忘れてます。

セルクルが足りない分もそのまま天板に乗せちゃってます。
この方法で十分事足りているし、同じ型を買い足す予定はありません。

f0152481_15195698.jpg


レシピはこの本に掲載しているものです。

側面にナイフで浅めの切り込みを一周入れて、あとはフォークで裂きます。
フォークだけで割ろうとするとパンがボロボロになってしまうので。(私だけかもしれません。)

ハムとチーズを乗せたり、バターとメープルシロップで食べたりと
シンプルであるがゆえに自分の好みをぶつけやすいパンだと思います。


最近のあれこれ
友人に借りたある本がとても面白く、久々に私の読書欲に火をつけてくれました。
ここ最近、文庫本や新聞の細かい活字を敬遠していたんですが、
空いた時間に音楽を流しながら字を読むのが習慣になりつつあります。(続きますように。)

それで読んだ本はこれ。

 ミッキーマウスの憂鬱(松岡圭祐)-----友人に借りた本。表からは見えない東京ディスニーランドの裏舞台を想像させてくれるフィクション。次に訪れることがあれば、キャストの方に沢山「ありがとう」と言おう。

 万能鑑定士Qの事件簿(松岡圭祐)-----落ちこぼれだった主人公がある人物の勧めで万能鑑定士となり、事件の解決に迫る。1&2巻で完結し、3巻以降はまた別の事件。第2巻ではハイパーインフレに陥った日本が描かれており、フィクションと分かりながらもゾクッとする。今の日本とは反対の状況ですね。

 クローズド・ノート(雫井脩介)-----映画化された本。沢尻エリカさんの「別に。」発言とは全然イメージの違うストーリー。主人公は平凡だし、途中から先の展開が見えてくるのに、なぜか読むのをやめられなかった。一日で読み切った本。

本や音楽について、これからも備忘録として書いていこうと思っています。
が、慣れるまでは書き終えるのに結構時間がかかりそう・・・・・。
新しいことを始めるとき、頭をよぎるのは「続くだろうか。」ってこと。
なにせ飽き性なんです。
けど、ま、続かなくってもいいよね。くらいの気持ちでいきますね。

その辺はゆるーく(笑)


 ベイキングデイズ/bakingdays
▲楽天かいものぶろぐ-cocaimono-▲
[PR]
by smiledekitchen | 2010-06-21 16:07 | わたしのおうちパンレシピより
<< ぐんぐん育つ豆の木 ブルーのあじさい >>